ロマンチックなツリーを考える

クリスマスオーナメントは毎年購入しよう

クリスマスオーナメントってとっても素敵ですよね。おしゃれなツリーなどは女性はきっと誰でもうっとりしてしまう人も多いはずです。そんなロマンチックなクリスマスオーナメントを集める楽しみ方は、毎年クリスマスオーナメントを少しずつ増やしていく、というものです。一度にたくさん買ってしまっては後から素敵なものを見つけても、もう買ってしまったからまた今度、ということにもなりかねません。
そういったことを防ぐためにも毎年まず店舗を見歩いてみてから、気に入ったおしゃれな物をチェックし、さらにネットショップでも気に入ったものがないかをチェックし、その中から一つか二つくらいを毎年購入していくと、これはいつ買ったもの、などとその年その年の思い出が増えていくでしょう。
少しずつおしゃれなアイテムを増やしていくことで同じようなクリスマスオーナメントを購入してしまう事も防げるし、新しいクリスマスオーナメントが揃っていくのでより素敵なクリスマスになるでしょう。クリスマスオーナメントはクリスマスにとって重要なアイテムなので少しずつ本当に気に入ったものだけを揃えていくとより素敵なクリスマスツリーになるでしょう。
クリスマスは当日だけを楽しむのではなく、12月になったらすぐにクリスマスのオーナメントやその他の飾りつけについて店舗やネットで購入し始めるようにしましょう。

クリスマスツリーのてっぺんが星の理由

毎年クリスマスの時期になると、各家庭ではクリスマスツリーの準備が始まることでしょう。そこでふと疑問になるのが、クリスマスツリーのてっぺんには決まって星が飾られることです。なぜ星をてっぺんに飾るのか、また星でなければならない理由はあるのでしょうか。その意味には、実は深い意味が隠されていました。
クリスマスツリーのてっぺんに飾られる星は「トップスター」と言われており、これはキリストがこの世に現れたことを知らせるための役割がありました。またこの星は実は天使だったという話が残されており、民話では賢者たちが星によって導かれて幼いキリストとその家族に出会えただけでなく、追われていた身だった自身たちの安全も手に入れることができたそうです。その星こそ天使そのものだったという話で、クリスマスオーナメントとしてされているトップスターには安全の意味が込められているようです。
クリスマスツリーの風習が生まれた当時はキリスト教やユダヤを意識した六芒星の形が取られていたようですが、特に形には決まりがないようで、日本でも馴染みのある5つの角の星の形でも問題ないとのこと。キリストが生まれた人されるクリスマスに飾る星なだけに、深い意味が込められているのがわかります。

注目コンテンツ